業報告および事業計画

A.平成26年度事業計画

1.精神保健思想の啓発普及

(1)心の健康づくり地域啓発推進事業(県費委託事業)

  • 年間9回予定

(2)茨城県精神保健協会機関誌発行・配布

  • 機関誌「ぼんさんて-いはらき精神保健第97号」の発行
  • 特集「ネット依存症について」

(3)総会記念講演会

  • 【期日】平成26年8月7日(木)
  • 【場所】茨城県総合福祉会館 コミュニティホール
  • 【演題】テーマ:「ネット依存症について」

(4)精神保健相談事業の受諾

(5)自殺対策事業

いばらきこころのホットライン土日専用相談電話運営事業
  • 【相談窓口】電話 0120-236-556(フリーダイヤル)
  • 【相談時間】土曜日及び日曜日の9:00~16:00(年末・年始・祝日を除く)

(6)講師派遣

会員及び一般希望者からの申請により、精神科医師・心の健康に関連する各界の専門家を講師として派遣し、精神保健思想の啓発普及に当ります。

(7)茨城新聞の「心の時代へ」に連載(年10回)

2.精神保健に関する情報提供

3.関係団体連絡協調

B.平成25年度事業報告

1.精神保健思想の啓発普及

(1)心の健康づくり地域啓発推進事業(県費委託事業)

県内10市町村で講演会を開催

(2)茨城県精神保健協会機関誌発行・配布

機関誌「ぼんさんて-いはらき精神保健第96号」の発行・配布

(3)総会記念講演会

  • 【期日】平成25年8月1日(木)午後1時~午後4時30分
  • 【場所】茨城県総合福祉会館 コミュニティホール
  • 【講演】テーマ:~いじめの早期発見・早期対策~

    筑波大学医学医療系社会精神保健学教授 斎藤 環氏
    「現代のいじめとその後遺症について」

    独協医科大学越谷病院教授 井原 裕氏
    「思春期外来から見たいじめについて」

  • 【鼎談】「いじめの早期発見・早期対策」

    茨城県精神保健協会会長 池田 八郎氏
    筑波大学医学医療系社会精神保健学教授 斎藤 環氏
    独協医科大学越谷病院教授 井原 裕氏

  • 【参加者】170名

(4)精神保健相談事業の受諾

2自治体及び2企業からの委託を受け、職員等の心の健康増進のためのカウンセリング業務を実施

(5)講師派遣

企業からの依頼により派遣

(6)茨城新聞へ「心の時代へ」(コラム)を連載

2.自殺予防対策事業(県委託事業)

平成25年度いばらきこころのホットライン事業(相談件数:1,079件 103日)

3.精神保健に関する情報提供

精神保健関連情報として、機関誌「ぼんさんて-いはらき精神保健第96号」に記念講演会「特集いじめの早期発見・早期対策」の講演と鼎談の全容を掲載し、会員・市町村・教育委員会・社会福祉協議会等へ情報提供しました。